わが家の料理 料理のコツ

じゃあ、おせちを作っていきますね~~。

投稿日:

こんばんは。
「お父さん食堂」山下です。

 

では、今日から、
おせちを作っていきますね~~。

 

って、言っても今日は、
そこまで作業はないですけどね。

 

やはり、

30、31日に作業が固まってしまいますよね。

 

 

では、スタートです!!

 

1.ぶりの下処理です。

今回は、切り身を買ってきました。

写真 2018-12-29 21 33 39.jpg

切り身を、ささっと水で洗って、
よく水気をふき取り、

うす塩を振って、一晩置いておきます。

魚の臭みを抜くためですね。。

 

 

2.黒豆を炊きます。

写真 2018-12-29 21 32 50.jpg

 

たっぷりの水で、じわ~~と炊いていきます。

色付けの釘や鉄玉は入れておいてくださいね。

 

あくがでたら、すくってくださいね。

3~4時間じわ~~~~と炊きます。

 

火加減が大切なんです。

温度差や水流の加減で

しわになってしまうので、

けっこう神経質に炊きます。

 

3.紅白なますを仕込みます。

 

写真 2018-12-29 21 32 35.jpg

 

大根、金時にんじんを千切りにして、

海水くらいの塩水につけておきます。

 

いわゆる立て塩といわれるものですね。

差し昆布をしてもいいですよ~~。

 

 

4.酢れんこんを作ります。

 

れんこんの皮をむいて、

食べやすい大きさに切り、

酢水でゆがきます。

 

多少、歯ごたえがあったほうが、美味しいので、
味見をしながら、ゆがいてくださいね。

写真 2018-12-29 21 33 04.jpg

 

お好みの固さになれば、
おか上げして、冷まします。

 

水気をよくきって、
昨日仕込んだ甘酢につけます。

酢れんこんは、これで完成です。

 

5.数の仔を仕込みます。

 

今頃は、便利なのがありますね~~。

うす皮がない、塩漬けの数の仔があるんですね。

 

今回は、これを使ったので、

まず、塩抜きですね。

 

写真 2018-12-29 21 32 19.jpg

 

流水にひたすらさらすでも良いのですが、
うすい塩水につけましょう。

これを、むかえ塩といいます。

水300ccに塩 小さじ1くらいですね。

 

これで、2時間おきくらいで
塩水を変えてくださいね。

 

塩気をぬいたら、水気をきっておきます。

 

 

 

今日は、以上になります。

 

では、また明日。

おせち作りも、本格的に作業していきますよ^^

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたいその想いを形にする具体策を手渡すオンライン料理教室体験会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

-わが家の料理, 料理のコツ
-, , , , , ,

Copyright© オンライン料理教室「お父さん食堂」@広島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.