料理お悩み 健康の知識

暑い夏を乗り切るためのちょっとした食事の工夫

更新日:

 

 

暑い日が続きそうですね。

しかも!

台風が接近中なので、

雨の日がずーっと続きそう。。。。

 

ってか、まだ

7月始まったばかりなのに、

真夏日がもう何回も。。。

 

夏休みになったら、

どんだけ暑いんじゃーって感じです。

 

 

そのためには、

やっぱり体調を万全にすることが大切ですね。

 

じゃけえ、

先日は、

夏の暑さを乗り切るために、

体調を壊さないようにするために、

 

夏野菜を食べましょうね。

夏野菜は、身体の熱を冷ます役割がありますよー。

 

とお話ししました。

 

こんにちは。

「お父さん食堂」主宰
"めしメン" 山下としあきです。

 

今日は、その続きです。

 

冷たいモノで、身体を冷やすと
逆にだるくなったり、
パワーが出なくなったりします。

 

そのために、

暑くなった身体を

夏野菜を食べることで、

身体の熱を冷ますようにしましょう

とお話ししましたね。

 

でも、

でもなんです。

 

単に夏野菜をただ食べりゃーえーー
ってわけでもないんです。

 

夏野菜にも食べ方ちゅうもんがあるんですね^^

 

それは、

組み合わせて食べること

なんです。

 

 

それは、何か。。。

 

 

それは、身体を活性化させてくれるものです。

 

生姜、ねぎ、唐辛子などの、

薬味ですね。

 

 

薬味がいい効果をしてくれるんですね。

 

例えば、

 

夏の薬味のイメージに生姜って

けっこうイメージできませんか?

 

7d40075a42624d229ae0dfa0de764fdd_s.jpg

 

冷や奴やそうめんだったり、
冬瓜やなすにあわせたり。。。

 

 

 

あれは、

夏野菜で冷やした胃腸を薬味で活性化させている

役割をしているんですね^^

 

 

単に、食材の美味しさだけの組み合わせだけでなく、

身体の栄養面の役割も果たしているんです。

 

 

先人たちってすごいですよね。

長年の経験でこういうことが

できてしまっているんですから。

 

身体がそういうことを求めているんでしょうね。

 

 

それは、今も昔も同じことですよね~。

 

 

夏を乗り切るには、

旬のモノ。

夏野菜を食べてください。

 

その夏野菜に

身体を活性化させる薬味(生姜やねぎ、唐辛子、スパイス)

を組み合わせてください。

 

 

それだけで、夏を乗り切ることができる
薬膳料理になっていますよ。

 

ぜひぜひお試しくださいね^^

今なら!「料理のレパートリーが劇的に増える方法」テキストプレゼント!

・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたいその想いを形にする具体策を手渡すオンライン料理教室体験会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

-料理お悩み, 健康の知識
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン料理教室「お父さん食堂」@広島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.