プロの料理人直伝! もう料理の献立に悩まない
”料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編”
全177ページ!たった1枚で 料理のレパートリーが25倍!「魔法の組み合わせシート付」

テキストプレゼント!

料理の雑学 健康の知識

【夏休み対策】暑い夏は〇〇を食事に摂り入れてのりきろう!

更新日:

こんばんは。

レシピいらずで「家庭の味」がつくれる
オンライン料理教室「お父さん食堂」
山下としあきです。

先日から、

夏休み対策として、

1.時間がなくて、バタバタする。

2.出費が多くなる。

3.夏バテが心配。

が大変になるから、

1.ぱぱっと作れるメニュー(栄養価があるもの)←今日もココ!

2.ぱぱっと作れるストック(準備)

3.ぱぱっと作れるアイディア(レパートリー)

4.ぱぱっと作れる味付け(美味しい)

が必要ですよ!

そして、

1.ぱぱっと作れるメニュー(栄養価があるもの)

は、

料理より、

旬のものを食べる

と、お伝えしましたね。

今日は、さらにお伝えしていきます。

それは、

薬味を食べましょう。

です。

26ae722921657d18975c9d488743966f_s.jpg

 

薬味って、どんなイメージですか?

わさび?

しょうが?

ねぎ?

にんにく?

みょうが?

とうがらし?

など、いろいろありますよね。

そうなんです。

あなたのイメージする薬味なんです。

これらを必ず摂るようにして欲しいんです。

934ffdce234a6c2585f4fe603c1ac87b_s.jpg

暑い夏は、冷たい麺類が食べたいですよね~。

そうめんや冷やし中華。。

冷やしうどんに、ざるそば。

美味しいですよね~。

麺類には、必ず薬味がありますよね。

それを必ず摂ってくださいね。

他の料理でもそうです。

しょうが、にんにく風味にする。

ねぎやみょうが、大葉を合わせてみる。

など、工夫はいくらでもできます。

薬味には、

発汗作用に利尿作用があり、

体の中を活性化させる役目があるんですね。

夏の体は、熱を貯めてしまいます。

薬味の辛み成分が、

こもっていた熱気や水分を発散させて、

体温を調整するのです。

 

カレーのスパイスなども同じ役目ですね^^

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_s.jpg

 

汗をふわっとかいたら、

すっきりするのは、そのためなんです。

ぜひ、夏休みのごはんには、

薬味成分があるもの必ず加えて

夏をのりきっちゃいましょうね!!

毎食毎食、でなくてもいいから、

1日1食は食べるようにしましょう!!

できる範囲で行ってくださいね。

「薬味は、身体を活性化させて整える役目がある(^▽^)/」


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたいその想いを形にする具体策を手渡すオンライン料理教室体験会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

-料理の雑学, 健康の知識
-, , , , , , , , , ,

Copyright© オンライン料理教室「お父さん食堂」@広島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.