プロの料理人直伝! もう料理の献立に悩まない
”料理のレパートリーを劇的に増やす方法総集編”
全177ページ!たった1枚で 料理のレパートリーが25倍!「魔法の組み合わせシート付」

テキストプレゼント!

料理の雑学

冬至に”ん”がつく食べ物を食べる理由とは?

更新日:

冬至には、
”ん”がつく食べ物を食べる風習があります。
しかも”ん”が2つついているものですね。

それについて思ってることあるんですよ!!

「お父さん食堂」
山下としあきです。

 

冬至は、
”ん”のつく食べ物が縁起の良い物とされ、
それらを食べることを「運盛り」とする風習があります。

 

 

その「運盛り」の食べ物が
冬至の七草とされています。

こちらです。

南瓜(なんきん)かぼちゃ
饂飩(うんどん)うどん
人参(にんじん)
蓮根(れんこん)
金柑(きんかん)
銀杏(ぎんなん)
寒天(かんてん)

だいこん、みかんもOKみたいです。

 

ここで、ちょっと一言なんですね。

 

まあ、、うどんは昔の言い方すればOKなんでしょうが、

現代では、
チンゲンサイ、かんらん(きゃべつ)、ブンタン、ポンカン、などもありますし、

元々は中国から思想によるものだろうから、
調味料だけど、

テンメンジャン、トウバンジャン などや、

料理名も良いなら、

けんちん汁、ワンタン麺もあるぞ

と言いたいわけです。

 

まあ、ちょっとしたツッコミと思っていただければ、
幸いです。

 


・家族の味を作りたい
・料理に自信をもって楽しみたい
・手料理で食卓を明るくしたいその想いを形にする具体策を手渡すオンライン料理教室体験会です。
ズームセッションで対応しています。

メルマガ読者様限定 5400円 → 無料

-料理の雑学
-, ,

Copyright© オンライン料理教室「お父さん食堂」@広島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.